headerimg

メッセージ Message


このページでは、岡田勉本人およびTOASTスタッフより不定期便メッセージを掲載していきます。


■高円寺のライブハウスAG22にて...

2016/10/28 ↑TOP

岡田がよく出演していたライブハウスのひとつに、東京高円寺AG22があります。そのAG22にて行われたライブで、岡田の曲が演奏されたました。山村いつかさんと羽仁知治さんのDUOで、岡田の曲に山村いつかさんが歌詞をつけて歌っていただけたとのことです。

その模様が動画にて配信されています。皆様もぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=79XGVz8HYk4

使われた曲は、「Now I smile」。2014年に後藤浩二(p)さんのピアノソロアルバム「ONTOLOGY」にも収録されている曲です。
>>ONTOLOGY 特設ページ special page


■ディスコグラフィに情報を追加

2016/5/30 ↑TOP

ディスコグラフィに情報を追加しました。

out
>>ディスコグラフィのページ

今後も情報が整理できたものから随時追加しく予定です。お気づきの点がございましたら、ご一報をお願いいたします。


■FMラジオ「渡辺貞夫Nightly Yours」情報

2015/12/9 ↑TOP

渡辺貞夫さんのレギュラーFM番組「渡辺貞夫Nightly Yours」において、懐かしい音源が流されるとの情報を頂きました。

岡田がメンバーだった頃の渡辺貞夫クインテットによるもので、1977年10月8日に根室市公民館で行われたライブを、根室ホットジャズクラブの当時の関係者が録音し所蔵されていたとのことです。演奏内容や録音状態が良く、渡辺貞夫さん自身のご希望により放送されることとなったそうです。

東京FM系列のJFN(ジャパンFMネットワーク)より民放FM25局超で放送されている全国放送番組です。放送時刻は局により異なります。お聴きのがしなく!


■ライブレポート(2014/10/2 キャバレロクラブ [Caballero club])

2014/10/3 ↑TOP Donny Schwekendiek(p)加藤雅史(b)BOSS(vo,g)倉田大輔(ds)

2013.10.2に岡田が旅立ち、早くも1年が経ちました。 様々な形で岡田を偲ぶ声が聞こえてくる中、名古屋キャバレロクラブでも『BENさんを偲ぶ夜』と題した一夜が。

お邪魔してきました。

天国に行くと、同時に何か所にでも居られるのかもしれません。確実に言えるのは、間違いなくこの夜、ここにもいました。ベースを弾きながらのあの『唸り声』が聞こえた気がしました。

アットホームな店内には、温かく見守ってくれたお客さん方はもちろんのこと、何人ものミュージシャンの姿。CDを発表したばかりのBossの歌声も、優しく染み渡りました。「このCDのベースは、ホントは、BENさんにやってもらう約束だったんだ」と。色んな思いが、こうやって繋がっていくんだな、と温かな気持ちになれた夜でした。

→写真

■追悼の気持ちをライブで…

2014/4/16 ↑TOP

「追悼の気持ちをライブで…」。大阪から情報をいただきました。温かな気持ちになります。


■メモリアル写真展

2013/11/30 ↑TOP 写真展

追悼ライブなどが各地で開催されている中、また一つ情報をいただきました。「岡田勉メモリアル写真展」が開催されるとこのとです。


■訃報

2013/10/5 ↑TOP Laughing Heart

皆様に、つらいお知らせをお伝えしなくてはなりません。

昨年より闘病生活を強いられていた岡田勉が、2013年10月2日午前、旅立っていきました。

スタッフ一同も、状況のあまりの急変に戸惑うばかりですが、多くの仲間たちに見送って頂き、葬儀も滞りなく行うことができました。

応援していただいた皆様の記憶の片隅に、一人のベーシストの面影がいつまでも残していただけることを願います。

当サイトはしばらくこのままにしておきたいと考えています。


■Laughing Heart 情報

2013/8/14 ↑TOP Laughing Heart

増尾好秋さんによる応援プロジェクト「Laughing Heart」。各地のライブハウス,ミュージシャン他多くの仲間により現在も広がり続けています。

引き続き、皆様の応援、よろしくお願いいたします。


■ディスコグラフィに情報を追加

2013/6/16 ↑TOP

リストに追加しました。2013年7月8日発売です。CD, iTunes Store,192kHz 24bit WAVE, 5.6448MHz DSD同時発売とのこと。

情報が整理できたものから追加します。お気づきの点がございましたら、ご一報をお願いいたします。
>>ディスコグラフィのページ


■Laughing Heart

2013/4/16 ↑TOP

多くの仲間たちが、休養中の岡田勉を応援しようと行動を起こしてくれている中、またひとつ情報が入りました。世界的ギタリスト増尾好秋さんが仲間に声をかけ、岡田の曲を録音してくれたそうです。5月6日の「GetWellBEN」コンサート会場にて販売される可能性が高いとのこと。ジャケットには、長年にわたりニューヨークで活躍のアーティスト柴田雄一郎さんの作品が用いられるとも。要チェック!


■名古屋Lovely主催

2013/2/5 ↑TOP

名古屋地区においても、休養中の岡田勉を励まそうと、コンサートが開かれるとの情報が入りました。主催は老舗ライブハウスLovely。応援、よろしくお願いいたします。


■東京高円寺JIROKICHIにて

2013/1/24 ↑TOP

現在休養中の岡田勉を励まそうという趣旨で、東京高円寺JIROKICHIにて「岡田勉を励ます会」と題したライブが行われるとの情報が入りました。錚々たるミュージシャン仲間が大集結です。お近くの皆様、応援よろしくお願いいたします。


■ライブレポート(2012/9/10 ジャズ スポット スイング [Jazz Spot Swing])

2012/9/11 ↑TOP 後藤浩二(piano) 岡田勉(bass) 黒田敦司(drums)

名古屋新栄・ジャズ スポット スイング [Jazz Spot Swing]です。岡田組、とにかく演奏が楽しいです。即興の嵐です。その日の空気だったりお客さんの雰囲気だったり、そういったことまでもがひとつになっている感じさえします。今回も、「ここにいないと味わえない」、贅沢な一夜でした。
 後半には柳瀬けいこさんの飛び入りもあり、一層の深みを感じさせてくれました。

→写真

■ライブレポート(2012/8/24 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/8/25 ↑TOP 後藤浩二(piano) 岡田勉(bass) 江藤良人(drums)

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。いつ行っても、このトリオの日の店内は、人でいっぱいになっています。

毎回聴く度に、「また新しくなってる!」と感じることのできるトリオです。『「エロス」、ギリシャ神話に登場する愛の神』です。


■ライブレポート(2012/8/9 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/8/10 ↑TOP 若井優也(piano) 丸山繁雄(vocal) 岡田勉(bass) 倉田大輔(drums)

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。丸山繁雄さんから「オリンピック一色の時に、男性ボーカルを選ばれた皆さんのセンスの良さ…。」という一言が。一瞬にして店内は笑顔に包まれました。その後もユーモアと豆知識に満ち溢れた楽しいMCが続きました。演奏になる度に、店内の空気が変化するのを感じられたのではないでしょうか。

スリリングな匂いのするピアノトリオでの演奏もあり、大人の雰囲気から若い才能までと、贅沢なライブとなりました。

→写真

■ライブレポート(2012/7/5 ジャズ スポット スイング [Jazz Spot Swing])

2012/7/7 ↑TOP 後藤浩二(piano) 岡田勉(bass) 黒田敦司(drums)

名古屋新栄・ジャズ スポット スイング [Jazz Spot Swing]です。Lovelyと共に、この地区のジャズを支え続けてきた老舗中の老舗です。『ジャズ喫茶「CoCo」』と言えば、その歴史にうなずく方も多いでしょう。扉を開けた瞬間から感じる「ウェルカム」の空気がそれを裏付けています。

そんな最高に居心地のいい店内に、この夜は岡田組の渋い演奏が染み渡りました。ライブの贅沢さを感じた夜でした。

→写真

■ライブレポート(2012/7/3 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/7/5 ↑TOP 岡田勉(bass) 加納奈実(alto saxophone)

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。いつも通りの渋いトリオに、今大注目のアルトサックスが加わり、お洒落な音の空間が出来ていました。

後半には、こちらもまた注目株の女性ボーカリストの飛び入りもあり、老舗ライブハウスに新しい風が吹き込んだ一夜となりました。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。

→写真

■ライブレポート(2012/6/17 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/6/18 ↑TOP 後藤浩二 与世山澄子 岡田勉 黒田敦司

日曜の夜、名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。

沖縄返還から40年。与世山さんはそのずっと前から米軍基地のクラブで活躍されていました。本物の歌声です。今夜も安定感のあるトリオをバックに、その魅力を存分に発揮してくださいました。

→写真
※関係者各位のご協力をいただき撮影しています

■ライブレポート(2012/6/9 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/6/11 ↑TOP マチ子 岡田勉

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。Jazzのスタンダードナンバーあり、Stevie Wonderのナンバーあり…。どの曲も心地よいアレンジが施されていて、音楽の魅力をまたひとつ再認識した夜でした。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。

→写真

■ライブレポート(2012/6/6 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/6/8 ↑TOP 岡田勉

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。平日の水曜日だというのに、大賑わいの店内。落ち着いたリズムセクションをバックに、洋子さんのソウルフルな歌声が響き渡っていました。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。

→写真

■ライブレポート(2012/5/3 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/5/4 ↑TOP 岡田勉

ゴールデンウィークの真っ只中、名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。客席にはたくさんのお客さんが。演奏もその熱気に後押しされてか、力強く感じました。また何か新しいものを見つけたかもしれません。このトリオは進化し続けている、といった印象を持たれた方も多かったのではないでしょうか。

→写真

■ライブレポート(2012/4/21 サラーム [Salaam])

2012/4/23 ↑TOP 渡辺裕之 ダニーシュエッケンディック 岡田勉

四日市・サラーム [Salaam]です。熱気に包まれるとは、まさにこういう空間を言うのではないでしょうか。

迫力ある演奏だけでなく、渡辺裕之さんのウイットに富んだMC、さらにDonnyさんの故郷の話。最初から最後まで大盛り上がりのライブでした。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。

→写真

■ライブレポート(2012/4/17 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/4/18 ↑TOP 扉

名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。春の陽気となったこの日、「新生活スタート!」を感じさせる装いの方も。中には「ライブハウス初体験」「ジャズライブ初体験」という方もいらっしゃったかもしれません。このあたたかい空間に、どんな感想を持たれたでしょう。
岡田組はいつもの通り、優しくて楽しい音を聴かせてくれました。

→写真

■ライブレポート(2012/3/18 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/3/19 ↑TOP 後藤浩二 岡田勉 黒田敦司

まだまだ寒い日が続く名古屋です。久しぶりのジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]での岡田組。店内はあたたかい空気に包まれました。さらに飛び入りの歌声が花を添えてくれました。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。


■ディスコグラフィに情報を追加

2012/3/8 ↑TOP

情報が入ったものをリストに追加しました。

情報が整理できたものから追加します。お気づきの点がございましたら、ご一報をお願いいたします。
>>ディスコグラフィのページ


■ディスコグラフィに情報を追加

2012/2/18 ↑TOP

情報が入ったものをリストに追加しました。

情報が整理できたものから追加します。お気づきの点がございましたら、ご一報をお願いいたします。
>>ディスコグラフィのページ


■ライブレポート(2012/1/5 ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY])

2012/1/7 ↑TOP 岡田勉 後藤浩二 江藤良人加藤真亜沙 加納奈実 Clay Lyons 岡田勉

客席が一杯に埋まった名古屋栄・ジャズ イン ラブリー [jazz inn LOVELY]です。新春の恒例ライブ ~the EROS~、中盤には飛び入りでも盛り上がり、「お洒落」な夜でした。the EROSももちろんのこと、若手の皆さんの今後の活躍にも注目だな、と思われた方も多いのではないでしょうか。

演奏の模様、一部ですが動画(YouTube)でご覧いただけます。どうぞお楽しみください。


■謹賀新年

2012/1/1 ↑TOP

皆様にとってこの一年が明るいものとなりますように。


岡田勉

昨年も多くの方々の応援をいただきました。本年もお力添えのほど、よろしくお願いいたします。


スタッフ一同